よつばスキンフレッシュで簡単毛穴クレンジングのやり方

クレンジングは毛穴対策にとっても有効。ですが、やり過ぎても、足りなくても失敗してしまう難しいスキンケアです。

ここではクレンジング成功させるポイントを確認し、誰でも失敗せずに取り入れられる「スキンフレッシュ」という新発想のクレンジングをご紹介します。

毛穴対策でクレンジングが重要な理由

クレンジングはもともとファンデーションなどのメイク汚れをきれいに洗い流すために行うものです。

なぜ毛穴対策でクレンジングが重要になるかというと、洗顔だけでは油分を含むメイクを落としきることができず、とくに毛穴の奥深くにメイク汚れが溜まってしまいがちだからです。

メイク汚れが皮脂や角栓と混じって酸化すると黒ずみの原因になります。また、毛穴がきれいに保たれていないと、古い角質を排出して新しい細胞に入れ替えるターンオーバーの働きが鈍ります。結果、肌のくすみ、毛穴の開き、ニキビなどが生じやすくなってしまうのです。

これらを防ぐのがクレンジングの役割。ただしちょっとした問題があります。そもそも洗顔だけでは落とせない汚れをクレンジングで落とせるのはなぜでしょうか?

それは、洗顔料に比べ、クレンジング料の方が洗浄力が高いからです。洗浄力が高いということは、それだけ肌への負担も大きいということ…いわば諸刃の剣です。

毛穴汚れをしっかりオフして、その上、肌への負担を最小限に抑えることが求められています。

これを成功させるためのポイントを確認しておきましょう。

クレンジングの順序

クレンジング料は必要なものですが肌への負担になります。次の順序で手早く行いましょう。

  1. 額から鼻にかけてのTゾーン(比較的丈夫な部位)
  2. 頬、あごなどのUゾーン
  3. 目もとや小鼻などの細かいところ

クレンジング料をメイクとなじませるときは、指のハラで円を描くようにやさしく動かします。顔全体になじませたら、ぬるま湯で洗い流しますが、このとき指や手のひらで皮膚をこすらないように注意しましょう。お湯だけが肌にふれるようなイメージです。

クレンジングのよくある間違い

毛穴が気になってクレンジングをがんばろうという人は、ついついやり過ぎてしまうことがあります。次に挙げるのはよくないやり方です。当てはまっていないかチェックしてみましょう。

  • 力を入れてこする…ゴシゴシこすると肌を痛めます。指のハラを使って優しく洗いましょう
  • 時間をかける…長い時間をかけるとそれだけ肌の負担も大きくなります。「すばやく」を意識して
  • クレンジング料が少ない…量を減らすと摩擦でかえって肌の負担が大きくなります。決められた量を守りましょう

【新発想】吹き付けるだけのクレンジング「スキンフレッシュ」

毛穴対策のクレンジングのポイントは、

  • 汚れはしっかり落とす
  • でも、肌を擦らず丁寧に!
  • しかも、短時間で!!

と結構ハードルが高いですよね。

これから紹介する「スキンフレッシュ」は、吹き付けるだけでメイク汚れや毛穴汚れを落とすという全く新しい発想のクレンジングです。

これなら特別な技術は必要ありません。誰でも同じように、肌に負担をかけずにしっかりクレンジングができるというわけです。泡を作る必要がないので時短にもなります。

肌の負担になる成分をカットしているので、クレンジングのやり過ぎによる乾燥や肌荒れを防げます。

スキンフレッシュの使用方法

使い方は簡単。普通のクレンジングよりも楽です。

  1. 洗顔やクレンジングをする前の肌にスキンフレッシュを吹きかけます
  2. やさしくマッサージをして馴染ませます
  3. お湯または水で洗い流します
  4. タオルを押し付けるようにして水分をとります

顔が乾いた状態でもスキンフレッシュを使用できますが、お風呂の後など毛穴が開いているときの方が効果的です。マッサージの際や洗い流す際にできるだけ擦らないようにするのは普通のクレンジングと同じ。

スキンフレッシュを使用することで、化粧水・美容液の浸透力アップや、化粧のりの良さを実感できるでしょう。

スキンフレッシュのお買い得情報

スキンフレッシュは公式サイトの定期コースがお得です。

定期コースとは

  • 初回限定 約75%オフの割引が受けられます
  • 2回目以降も1本分の価格で2本購入できます
  • 30日ごとに自動的に送られてきますが、いつでも解約できます※

※次回発送の7日前までの連絡で解約、休止、変更が可能。

毛穴やニキビに対する積極的なスキンケアを行いたいときは、皮脂の分泌をコントロールする働きのあるビタミンCが有効です。高濃度ビタミンC誘導体を配合したCマックスローションの最安値情報をまとめています。よろしければ合わせてご覧ください。